タラソテラピー

タラソテラピーは、生命の根源である海の恵みを体内に取り込むことで 身体の自然なバランスを取り戻すことを目的としております。

タラソテラピーの語源

フランス語海洋療法

タラソテラピーの定義

海洋気候の中で 海水・海藻・海泥 を用いて施す自然療法。


タラソテラピーのメッカ、フランスでは 『予防は治療に勝る』 という考え方により、早くから予防医学の研究が行われ、タラソテラピーも そんな予防医学の一環として行われてきました。


体内環境 新陳代謝

海から誕生した生命

遥か昔、生命は海という極めて安全性の高い環境の中で誕生しました。
その後、数億年もの月日の中で進化を続け、海から陸へと移り住んだ生命体は 祖先の住んだ海という環境をポータブル化して細胞に海の水を閉じ込め、それがそのまま体液となりました。 私たち人間も体液は4億年の海水とほとんど変わっていません。
現在の私たちの体液には海水と同じバランスで104種類の微量元素(ミネラル)が含まれているのです。

タラソテラピー